過払い金請求を依頼する時は弁護士と司法書士どちらがいいか?

過払い金請求を依頼する時は弁護士と司法書士どちらがいいか?

過払い金とは、利息制限法の上限を超える高利の貸入れの返済の際に、発生する払いすぎてしまったお金のことです。

ここでは過払い金請求に関して弁護士や司法書士に依頼することの利点・欠点は何なのか。 弁護士に依頼すべきなのか、それとも司法書士に依頼すべきなのか。

そしてどういった法律事務所に依頼をするとより沢山の過払い金を取り戻すことが出来るのか、これらの気になる点にについて紹介していきます。

過払い金請求を弁護士や司法書士の専門家に依頼する時のメリット

PAK105190232_TP_V

過払い金請求は弁護士や司法書士といった専門家に依頼するのが一般的です。 もちろん費用はかかりますが、それに見合ったメリットを得ることができます。

まず、時間と手間を大幅にカットできると言う点です。 過払い金請求は電話一本ですぐできると言うものではなく、取引履歴を請求したり過払い金を計算したりと多くの手順が必要になります。

これを知識のない素人が全てやるのはなかなか大変です。 特に過払い金計算は間違えると取り戻せるはずだった金額を取り戻せなくなってしまいます。 その点、専門家に依頼すれば全て任せることができるのです。

また専門的な知識が不要で、スムーズな請求が可能な点も大きなメリットと言えます。貸金業者が過払い金をすぐに支払ってくれるケースは稀です。

素人相手では強気な態度に出ることが多いですが、専門家であれば専門的な知識や積み重ねたノウハウによって適切な交渉を行うことができます。 交渉がまとまらず裁判をすることになっても、専門家が最初から担当しているのであればスムーズです。

過払い金請求を専門家に依頼する時の費用について

YUKI_kodomookane15144623_TP_V

弁護士や司法書士に依頼する時のデメリットは費用がかかること

過払い金請求において専門業者に依頼するという方法があります。

豊富な知識と技術によって、難しい手続きなどを全て行ってくれるので手間をかけることなく請求ができます。 一方で費用がかかるというデメリットも存在します。

事務所によって料金は異なりますが、着手金・成功報酬・過払い報酬の3つの報酬が必要となる事務所が多いです。 請求する賃金業者が複数の場合であればあるほど、専門業者に支払う金額は多くなります。

過払い金が少額の場合は専門業者に支払う金額の方が多くなってしまうこともあるので注意が必要です。 専門業者に依頼した場合にかかる費用と過払い金の金額などを目安にして、過払い金請求を自分で行うか専門業者に依頼するか判断しましょう。

着手金

過払い金請求など1つの案件は長期間かかることが多く、仕事を引き受けてもらったことに対して着手金が必要となる事務所もあります。

過払い金が返還されても、されなくても結果に関わらず支払う初期費用となります。 引き受けたことに対する料金なので、相談しただけで発生する料金ではありません。

請求する賃金業者1社につきおよそ1万円~4万円ですが、着手金を無料にしている事務所も増えてきています。 複数の賃金業者に過払い金を請求する人は、着手金が無料だと大幅に費用を削減できるかもしれません。

着手金がない場合は相談や過払い金の計算を無料で行ってくれます。 ただし、過払い金が返還された時に支払う成功報酬を高く設定している所もあるので注意しましょう。

報酬金

専門業者にかかる費用には着手金の他に成功報酬・過払い報酬があります。 成功報酬は過払い金が返還された時に支払う料金です。 着手金同様、請求する賃金業者1社につきおよそ1万円~4万円となります。

過払い報酬は、実際に過払い金請求を行って回収できた過払い金の20%~25%程度かかります。 訴訟になるとさらに費用は膨らむので、満額ではなくても条件の良い和解案であれば訴訟前に合意した方が良いこともあります。

気になる事務所をいくつかに絞った段階で、事務所に問い合わせをしてみるべきです。料金が不明確なまま依頼すると、トラブルが起こりかねません。 また、司法書士と弁護士では司法書士の方が料金は比較的安い傾向にあります。

実費

過払い金請求をする際、実費が必要になる場合もあります。 実費とは、上記の着手金や報酬金の他にかかる費用で、通信費、交通費、事務手数料、振込手数料などが該当します・

実費がかかるかどうかは事務所によって異なります。 ですので、契約前や相談時に確認するようにしましょう。

どちらに依頼すればいいのか?弁護士と司法書士の違いについて

PASONA160306550I9A2233_TP_V

弁護士と司法書士の違い

過払い金請求をする時には、弁護士と司法書士のどちらにでも依頼することができます。どちらも過払い金請求をすることはできますが、金額と訴訟を起こす裁判所の種類によってどちらに依頼できるかが変わります。

140万円以下の請求金額で簡易裁判所に訴訟を起こす場合は、司法書士でも対応できます。 これが、請求金額が140万円以上で地方裁判所に訴訟を起こす場合には、弁護士に依頼する必要があります。

司法書士は、弁護士が担うべき紛争解決業務の一部を認められています。 ですが、請求額が140万円以上の案件を扱うことができなく、さらに訴訟を起こせるのは簡易裁判所のみと制限があります。

一方、弁護士には金額の上限や訴訟起こせる裁判所の制限がありません。 そのため基本的にはどんな法律問題でも代行することができます。

このように弁護士と司法書士には違いがありますので、自分の依頼する 内容に沿って使い分けることが大切になります。

弁護士に依頼するメリット

過払い金請求を弁護士に依頼するメリットは、高額な案件にも対応できることです。 過払い金請求額の合計が140万円を超える場合、弁護士法で定める訴訟代理権が無いことから、司法書士は受任できません。

また、140万円を超える過払い金請求の裁判は地方裁判所で行われます。 簡易裁判所で行われるものと違い、金融業者側も弁護士を立てる必要があります。

請求が法的根拠を持っている以上、金融業者側が勝てる見込みはあまりなく、訴訟そのものにコストがかかることから早い段階で和解をする確率が高くなります。

ただ、裁判に負けた金融業者は控訴をすることができます。 控訴審は地方裁判所で行われますので、司法書士では金額に関わらず訴訟の代理権がありません。

弁護士への依頼では自分が出頭するケースを考えなくて良いのも大きなメリットです。

司法書士に依頼するメリット

弁護士は司法書士の業務を全て行えることから、全く同じ条件であれば弁護士の方が優れていますが、司法書士は過払い金請求を専門にしている事務所も多く、過払い金請求ならではのノウハウを持っています。

弁護士は幅広い案件の中の一部として過払い金請求を扱っていることが殆どです。

また、司法書士は世間のイメージから弁護士並みの報酬をとることができません。

概して司法書士の方が費用が安く済みますし、弁護士事務所では事務員が行うところを、司法書士事務所では担当の司法書士が最後まで担当することが多いです。あくまでも140万円の枠内で、簡易裁判所の審判のみで終わらせるのであれば司法書士に相談する方が実務としてのメリットが多いでしょう。

専門家選びのポイント!どれだけ過払い金を取り戻すことができるかを見極める

C778_bukiminakaigisitu_TP_V

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する場合には、信頼できる事務所を選ぶということが1つのポイントです。

依頼者との連絡をすべて事務職員に任せきりにする弁護士、事前に説明していない報酬をとる弁護士などが問題になっていますので、しっかりと信頼できる専門家を選ぶことが重要です。

しかし、さまざまなトラブルも報告されているものの、悪徳な法律事務所というのはむしろ少数派であり、多くの法律事務所は優良な会社です。 基本的には、しっかりと選んでおけば悪徳な弁護士にあたる可能性は低いです。

過払い金請求では、どのくらいの過払い金を取り戻すことができるのかというポイントのほうが重要かもしれません。 最近では裁判をやらないと100%の過払い金を取り戻すことは難しくなってきていますので、裁判をやる可能性についてもしっかりと説明してくれる専門家が良いでしょう。

また、意外と知らない人も多いですが、過払い金請求では5%の利息を上乗せした金額を請求することができます。 この5%の利息は、契約が終了した時点ではなく、過払い金が発生した時点から計算することができます。

100%の過払い金を回収してもらうことはもちろん、しっかりと利息も上乗せして請求してくれる専門家を選ぶなど、過払い金を多く取り戻す努力を行ってくれる専門家を選ぶことが重要になります。

過払い金請求を依頼する際に知っておきたい事務所選びの5つのポイント

YUSEI_9V9A5412_TP_V

信頼できる事務所か見極めることに手を抜かない

過払い金請求でまず始めに行うのが依頼する事務所選びになりますが、この事務所選びでも依頼の成否は変わってくるので慎重に選ぶことが重要です。 依頼をするのは弁護士事務所か司法書士事務所が一般的ですが、例え法律の専門家であっても同じ人間である以上、相性という物が存在します。

最初の依頼から過払い金が戻ってくるまでには交渉を含めてある程度の時間を必要とするため、何度か直接会って話をしなくてはいけません。 自分のお金が戻ってくるかどうかはその人に掛かっているといっても過言ではないので、依頼者の立場に立って考えてくれる信頼できる人に頼むことが大切です。

また、事務所によっては金融業者と繋がっていたり、依頼者から不当にお金を巻き上げようとする悪徳事務所も存在するため、そういった点もしっかりと見極めておくことが事務所選びで失敗しないポイントになります。

過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か確認する

一口に弁護士や司法書士といってもさまざまな法律の仕事があるため、専門分野や得意としている案件が異なります。 例え法律に関する依頼に数多くの実績のある法律事務所であっても、過払い金請求などは行っていませんといった事務所も珍しくありません。

そのため、相談に行く前にインターネットを利用して事前に目星を付けている事務所が過払い金請求の依頼を受けてくれるかどうかを確認しておくことが大切です。

過払い金の請求は相手業者との交渉しながら進めていくため、専門的な知識だけでなく交渉の技術も必要になります。 そういった点からも、日常的に専門として行っている事務所の方が、交渉にも慣れていてスムーズに話を進めていけるので安心です。

料金体系や費用の説明がわかりやすいか

弁護士や司法書士に仕事を依頼する時に、費用がいくら掛かるかはそれぞれの事務所によって異なります。 一般的に過払い金請求の場合は、着手金や基本報酬、依頼が上手く行った時の成功報酬といったいくつかの費用が必要になります。

事務所を選ぶ時は、これらの費用が明確に表記されているかで判断することも大切です。実績もあって信頼できる事務所であれば費用についてあやふやな態度を取ることもなく、最初の相談や見積もりの時にわかりやすく説明してくれます。

また、依頼前の相談については無料で行っている事務所も数多くあるので、相手の人柄を見て依頼をするかどうかを見極めるためにも、相談無料と明記されている事務所がおすすめです。

費用が安ければいいわけではない

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する場合は、報酬も含めていくらかの費用が必要になりますが、費用を抑えることは必ずしもメリットだけではないことを知っておかなくてはいけません。

過払い金の請求を行うことができる事務所は、大手から個人までさまざまで行っているサービスも異なります。 過払い金請求で納得のいく結果が得られなかった時に、訴訟を起こして裁判に発展するといったケースも少なくありません。

そういった場合に依頼した事務所がどういった対応をしてくれるかは大きなポイントです。

いくら費用が安いといっても、アフターケアや不測の事態に対応してくれないようであれば満足のいく結果を得ることは難しいといえます。 依頼をする時は費用だけでなくサービスも判断基準にすることが重要です。

過払い金請求の訴訟を提案してくれるか

支払う必要のない過払い金請求は、法律の専門的な知識を備えた弁護士、司法書士司に相談することで依頼者の負担軽減やスピーディーな返還が見込めます。

司法書士は過払い金の上限額が140万円まで、出席できる裁判所が簡易裁判所までという制限がありますが、弁護士は140万円を超える高額案件にも対応でき、簡易裁判所のほか地方裁判所への出席が可能です。 一般的には弁護士事務所よりも司法書士事務所の方が、費用の負担が少なくて済む傾向があります。

消費者金融など債権者側は、支払額を低くするため和解に持ち込もうとする場合があります。 過払い金の請求は、訴訟を起こすことで多く取り戻せる可能性が高く、結果的に早期解決につながる場合もあります。

事務所を選ぶ際は、訴訟を提案してくれるかどうかも大切なポイントのひとつです。

まとめ

PAK86_pennotekakikomi20140312_TP_V

弁護士と司法書士の最も大きな違いは、弁護士には業務に制限がないという点です。 司法書士は簡易裁判所にしか出席できず、140万円を超える案件は扱うことができません。 140万円を超える案件であれば弁護士に依頼するべきです。

一方で、費用の面を考えると弁護士よりも司法書士の方が安い傾向があります。 費用を重要視する、または過払い金が少額の場合は司法書士に依頼した方が良いこともあります。

事務所選びは過払い金請求によって得られる金額に直結します。 難しい手続きの多い過払い金請求において専門業者は必要不可欠と言ってもいいでしょう。

費用が分かりやすいか、訴訟を提案してくれるかなどに注目しながら信頼できる事務所を見つけましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ