過払い金請求をしたらクレジットカードが作れなくなるのか?

過払い金請求をしたらクレジットカードが作れなくなるのか?

過払い金請求というと消費者金融に対して請求するイメージがありますが、クレジットカードでも過払い金請求ができることを知っているでしょうか。

クレジットカード会社に過払い金請求をするメリットとデメリットを知り、もしメリットの方が大きければ、過払い金請求をしてみるのも手です。

特に、過去に借金があったものの、すでに完済している方は過払い金請求をするメリットの方が大きくなる傾向があるので、一度検討してみましょう。

過払い金請求が発生する理由と対象条件

CH9V9A0044_TP_V

過払い金請求とは、消費者金融業者からの借り入れやカード会社のキャッシングの返済の際に払い過ぎた利息を取り返すことのできる仕組みです。

過払い金は、利息制限法の定める金利の上限(15パーセント~20パーセント)と出資法の定める金利の上限(29・2パーセント)の間のグレーゾーン金利での取引があった場合に発生します。 借り入れていた金額にもよりますが、20パーセント以上の利息を支払っていた場合には確実に過払い金が発生しています。

多くの貸金業者は2007年に金利を改正し、グレーゾーン金利での貸し付けを廃止しているため、2007年以前に取引があった人が主な対象となります。

2007年以前から取引があり、現在も返済しているという場合には、過去に発生していた過払い金を請求することにより、借金が減額されたり、完済となることもあります。また、2007年以前にグレーゾーン金利での取引があり、すでに完済している場合にも、払い過ぎていた利息を請求することができます。

過払い金には時効があり、完済から10年経過すると返還請求ができなくなるため注意が必要です。 しかし、完済後に同じ業者と再び取引があった場合には、最初の完済から10年が経過していても、過払い金請求を行うことができます。

クレジットカードでも過払い金請求はできるのか?

JSK542_manken_TP_V

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができる

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類が存在しています。ショッピング枠を利用したクレジットカードでの買い物は、代金の立て替え払いとなるので利息制限法が適用されません。

しかし、キャッシング枠ならば現金の貸付となるので、改正貸金業法が完全施行される前に借りていたキャッシングであれば、利息制限法の上限金利を超える違法金利で貸付を行っていた金融会社があるので過払い金請求を行うことができます。

キャッシング枠で20%を超える金利で借りていたならば、過払い金が発生している可能性が高く、一度全取引履歴を開示請求して金利引き直し計算を行ってみると良いでしょう。

過払い金請求は、最終取引日から10年以内に行なわないと消滅時効に掛かってしまうので、クレジットカードでキャッシングした履歴がある人は取引時期が改正貸金業法完全施行前であれば、確認してみる必要があります。

クレジットカードのショッピング枠は「借金」ではないので過払い金は発生しない

クレジットカードで買い物をした場合には、一括払いの他に分割払いやリボ払いなどの手数料がかかる方法があります。 この手数料は利息のように思われますが、あくまでも会社が買い物の費用を立て替えていると見なされるため過払い金請求はできなくなっています。

過払い金請求はあくまでも、利息制限法に違反しているケースのみが適応されるためクレジットカードでのショッピングは対象にならないのです。

クレジットカードにはキャッシング枠がついていることがありますが、このキャッシング枠を使って買い物をした場合には過払い金請求の対象となります。 ただし、ショッピング枠は対象にならないので、混同しないように注意しましょう。

過払い金が発生している主なクレジットカード会社

PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V

過払い金請求ができるのは、消費者金融だけではありません。 クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りていた人は、クレジットカードの会社に対しても過払い金請求をすることができます。

セゾンカードでは、2007年の6月に金利が引き下げられましたが、それ以前は24%~27%というグレーゾーン金利が設定されていました。 イオンカードでも2007年の3月に金利引き下げがされましたが、それ以前には18%~25.6%という金利が設定されていました。

18%という金利は利息制限法に違反していませんから、イオンカードでは過払い金が発生していた人とそうでない人が存在するということになります。

オリコカードについても2007年3月に金利引き下げがされていますが、それ以前には17.8%~27.6%という金利が設定されていて、グレーゾーン金利だった人とそうでない人が存在します。

他に過払い金が発生している可能性がある主なクレジットカード会社としては、ニコスカード、エポスカード、セディナカードなどがあげられます。 クレジットカードについて過払い金請求をする場合には、ショッピング枠の残高も影響してきますので、そのクレジット会社からの総合的な債務について計算するようにしましょう。

クレジットカードの過払い金請求をする際のデメリット

OZP86_kuso-yarareta_TP_V

過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

クレジットカードも過払い金が発生していることがあるので、過払い金請求を行うことができます。 過払い金請求は正当な権利ですので、過払い金が発生している場合は時効が来る前に返還してもらいましょう。

ただし、クレジットカードの過払い金請求をすることには注意点があります。 それは過払い金請求をすると、クレジットカードが使用出来なくなってしまうことです。 クレジットカード自体が使えなくなるのではなく、請求した業者のクレジットカードがしようできなくなるということです。

過払い金請求をしたことでブラックリストに登録されなければ、他の業者のクレジットカードは利用可能です。

債務が残る場合はブラックリストに載ってしまう

完済後に過払い金請求を行えば、ブラックリストに登録されることはないので何らリスクが無い状態で手続きが可能です。

しかし、現在も借入残高が残っていて毎月の返済が苦しい状況から抜け出すために、過払い金請求考えている場合は注意点があります。 取り戻した過払い金で借入残高と相殺でき、完済できる場合は問題がありません。

ですが、過払い金請求をしたものの、過払い金で相殺しきれず債務が残ってしまう場合はブラックリストに登録されてしまいます。 債務が残ってしまうと、過払い金請求ではなく任意整理扱いとなってしまうため、ブラックリストに登録されてしまうのです。

ブラックリストに登録されると、5年間は情報を消すことができません。 そして、登録されている期間中はクレジットカードを作成・使用、ローンを組むことができなくなります。 ですから、過払い金請求をして債務が残るかどうか、事前に確認することが大切になります。

ショッピング枠の債務がある場合もブラックリストに載ってしまう

過払い金請求をする際に、クレジットカードのショッピング枠に債務があるとブラックリストに載せられてしまう可能性が高くなります。 というのも、過払い金請求はキャッシング枠のみ出来ますが、請求した時点でクレジットカードを解約したことになります。

そのためショッピング枠の債務が残っていると、自動的に過払い金と相殺処理されてしまいます。 この時、過払い金で相殺した結果、完済できれば問題はありません。

しかし、完済できなかった場合は債務が残ってしまっているので、過払い金請求ではなく任意整理扱いとなってしまいます。 ですから、ブラックリストに登録されてしまいます。

クレジットカードの過払い金請求でブラックリストに登録されるケースは、このショッピング枠の債務が残っていた場合が多いです。 キャッシュ枠のみだけが解約されると思い込んでしまい、ショッピング枠の債務を忘れてしまうためです。 ですが、このようにクレジットカードの過払い金請求は、ショッピング枠の債務合わせて考える必要があります。

もしクレジットカードの過払い金請求を考えている人は、一度ショッピング枠の確認をしてみてください。

関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性がある

過払い金請求を起こった結果として、完済に至らず債務が残ると、個人信用情報機関に掲載された事故情報がクレジットカードの審査に影響します。

クレジットカードやローン審査を行なう際には、各貸金業者が加盟する個人信用情報機関へ信用情報を参照に行くので、事故情報から過払い金請求を行った結果として任意整理が行われた事実が判明します。

任意整理は債務整理の1つの手段ですから、クレジットカードやローン審査を行なう際には、慎重な審査を行なうことになるでしょう。 全ての審査に通らないわけではなく、貸金業者により詳細かつ慎重な審査が行われるので、審査に通りにくくなることは確かです。

特に過払い金請求を行った会社と系列の貸金業者は、個人信用情報機関へ掲載されなくなった後も社内情報として残り続けるので、貸金業者の合併履歴を確認してからクレジットカードやローンの申し込みをする必要があります。

過払い金請求をした後でもクレジットカードは作れる

credit-card-2151588_960_720

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

過払い金は、払い過ぎた利息分のことですが、クレジットカードのキャッシング機能でも利息制限法より高い金利が利用されていれば発生します。過払い金請求は返済中でも完済後でも実施することは可能ですが、返済中の場合は注意が必要です。

クレジットカードは、カード会社が信用情報をもとに審査しています。 信用情報には過去の利用状況、返済状況が記録されていますが、返済中に過払い金請求を実施し債務が残ってしまう場合は、ブラックリストに載ってしまいます。 その結果、返済が困難と判断されカード審査が通らなくなります。

一方、完済後に過払い金請求を行った場合は、ブラックリストに載ることはありません。 そのため、完済している場合は新しくクレジットカードを作ることができます。

過払い金請求をして債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高い

債務が残った状態で過払い金請求をしてしまうと、ブラックリストに載ってクレジットカードを作れない可能性が高くなってしまうため注意してください。

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠の2種類の枠があります。 気を付けておきたいのが、過払い金請求はキャッシング枠のみに適用されるということです。

過払い金請求をして借金が帳消しになれば、ブラックリストに載ることはないのでクレジットカードを作ることは出来ます。 しかし、キャッシング枠とショッピング枠の両方を合わせた金額が、過払い金請求で返ってきた金額を上回るとブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、請求した業者だけではなく、全てのクレジットカード会社からクレジットカードの作成ができなくなる可能性が高くなります。 ですから、クレジットカード過払い金請求をする際は、過払い金で残りの債務を完済できるかどうか、事前に確認することが必要です。

一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードは作れない

過払い金請求は、払い過ぎた利息分の返金であり、法律で認められた行為ですが、返金する業者側にとってイメージはよくありません。

ブラックリストにも載らず、信用情報として問題ない場合でも、会社にとって不利益な人物として業者独自の顧客データベースなどに過払い金請求を行った記録が残されたりします。

このような場合には、同じ業者でクレジットカードを申請しても審査に落されてしまいます。 なお、審査に落ちるとその記録が信用情報に残るため、しばらくの間、他のカード会社でも審査が通りにくくなります。

クレジットカードが必要な場合、過払い金請求後は同一業者でのクレジットカード作成は諦め、最初から他のカード会社で作成する必要があります。

まとめ

money-1934040_960_720

クレジットカードと過払い金請求はさまざまな面で繋がっており、その関係性を無視することはできません。 クレジットカードの過払い金請求をしたことで、ブラックリストに登録されてしまう場合もあります。

また、ブラックリストに登録されなくても、請求先や関連会社のクレジットカードが作成・使用できなくなったりするケースもあります。 過払い金の請求後にもクレジットカードを利用したいと考えている方は、注意する必要があります。

今回の記事の各項目で解説したポイントや注意点などをじっくりと確認して、自分なりに過払い金請求の計画を立ててみてください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事