過払い金請求のおすすめ!口コミで評判の良い法律事務所

過払い金請求のおすすめ!

口コミで評判の良い法律事務所

当サイトは、過払い金請求の基本情報をはじめ、過払い金請求に強い法律事務所の口コミや評判を掲載しています。

また、口コミや評判をもとに過払い金請求に強い法律事務所ランキングを掲載しています。これから過払い金請求をしようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

相談は何度でも無料のみどり法務事務所

\相談料・初期費用0円/

借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に8ヶ所あります。過払い返還額累積90億円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

もくじ(メニュー)

\過払い金請求の実績No1/

過払い金請求をお考えの方は、相談料・過払い金の調査が無料の杉山事務所がおススメです。無料で調査してみて、過払い金が発生していなければお金はかかりません!

まずは、過払い金回収金額No1の杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求におすすめの法律事務所の見分け方

過払い金請求は、依頼した事務所によって取り戻せる金額が異なります。では、過払い金請求におすすめの法律事務所は、どのように見分ければいいのでしょうか。

以下に、過払い金請求におすすめの法律事務所の見分け方を3つご紹介します。過払い金請求を依頼する法律事務所をお探しの方は参考にしてください。

相談する前にホームページのチェック

(1)わかりやすい文章

「読む人の立場にたって、わかりやすい文章が書いてあるなあ」そう感じられる事務所だったら、相談に行ってみる価値があります。
逆に、ホームページですら、依頼者のことを真剣に考えていないと分かる事務所は、除外した方がよいでしょう。

(2)観念的に理解できる。

ボタン、リンク先が初めて利用する場合でも理解できる。

(3)スマートフォンに最適化されている。

スマートフォン用に表示が最適化されていると、スマートフォンで見たときに見やすいサイトになっておりストレスなく読むことができます。

(4)まとめ

要するに弁護士選択もお店といっしょで、店舗のレイアウト、接客がよいところを選ぶのがよいということになるでしょう。

過払い金請求に特化しているか?

司法書士や弁護士などの法律事務所の業務は、過払い金請求や債務整理などの借金問題や相続、登記など多岐にわたり、法律事務所によって得意とする業務が異なります。

過払い金請求を得意としていない法律事務所に依頼した場合、自分が納得する金額を取り戻すことはむずかしいでしょう。必ず過払い金請求が得意な法律事務所に依頼するようにしてください。ホームページを見ればどの業務が得意かわかります。

例えば、週刊ダイヤモンド誌で過払い金の返還額が日本一に選ばれたことがある杉山事務所のホームページは、過払い金請求や債務整理などの借金問題に特化した内容になっているので、これらの業務を得意としていることがわかります。

過払い金請求の実績や経験が豊富

過払い金返還請求で多くの件数をこなしていること、多数の金融業者への返還実績があることも重要です。過払い金請求に対する貸金業者の対応はまちまちで、すんなりと満額を返してくれるところもあれば、回答を引き延ばしたり、低い金額を提示してきたりする業者も存在します。業者ごとの特色をしっかり把握している事務所だと、スムーズに進められます。

口コミ・評判は良いか?

法律事務所の対応力や雰囲気を知るには、その法律事務所での過払い金請求の口コミや評判を見てみるといいでしょう。ただし、口コミや評判は必ずしも正しいことが書いてあるとは限らないので、実際に自分で相談してみることも大切です。

相談料が無料な法律事務所はたくさんあるので、複数の法律事務所に相談して自分に合ったところを探すことをおすすめします。当ホームページのランキングにある法律事務所は、良い口コミが多く、相談料も無料なので一度、相談してみてはいかがでしょうか。

\過払い金請求の実績No1/

過払い金請求をお考えの方は、相談料・過払い金の調査が無料の杉山事務所がおススメです。無料で調査してみて、過払い金が発生していなければお金はかかりません!

まずは、過払い金回収金額No1の杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

体験談を参考に事務所の良し悪しを判断する方法

ここでは体験談等も上手に参考にしながら優良事務所を見極める方法をお伝えします

(1)ネットの情報は、広告情報が多く何を信用したらいいかわからないとよく聞きます。これに対応するには、事務所の名前等で検索して複数の情報を閲覧して、良い情報が多くあれば、信用できる可能性が高いと判断していいでしょう。

(2)いくつかの業者にメール、電話をしてて対応を見ましょう。口コミサイトの情報を上手に参考にしながら、自分でもメール、電話の対応をチェックしてください。

メール、電話対応などでは業者の姿勢が如実に現れますから、従業員の人となりをチェックすることでその業者の信頼性をある程度判断できます。

客をカモとしか見ない業者は対応もやはりいい加減なことが多く、真っ当な従業員が集まらないので正しいお客様対応もできません。

直感的に拒否感を覚えるような電話対応をされるところは避けた方が無難です。

過払い金請求をした方の口コミ・評判・体験談

過払い金請求は満額で和解成立!過払い金請求をした方の口コミ・評判1 40代男性

友人達と海外旅行に行くことに決まったのですが、自分の予算を超える旅行費がかかる場所に決まり、今さら断れず…足りない資金はクレジットカード会社のローンで支払いました。

過払い金請求のことを知ったのは、6年後に完済した後のことでした。法律事務所の過払い金の広告を電車で目にして知ります。法定利息外の金利で支払いしていたことが分かり、取り引き履歴を取り寄せて計算ソフトで過払い金の有無を調べたんです。

すると完済した1社のクレジットカード会社から15万円程度の過払い金が有ることが判明します。少額なので専門家に依頼したら、過払い金がわずかしか返ってこないため、自分で過払い金の法定金利の計算書と返還請求書を同封して郵送し、数週間後に相手側と電話で交渉しました。相手側も利息引き直し計算をしたようで、多少の請求金額の誤差はあったらしいですが、過払い金請求書の内容を認めるという回答でした。そのうえで、「請求金額から1割程度減額できませんか?」と相手の担当者に言われました。私は「過払い利息分は省いてもいいですが、請求金額を下げるのは無理です。」と伝えます。そうしたら、過払い利息無しの請求金額通りの金額で、3ヶ月後に口座入金するということで決着がつきました。

過払い金請求で長年の借金がゼロに!無駄に払っていたお金も取り戻せました過払い金請求をした方の口コミ・評判2 50代女性

“安定した会社で正社員で働いていましたが、病気で休みがちになりやむを得ず退職。都合に合わせた日数で働ける派遣社員に転職しましたが、収入が減って不安定になり、生活費や治療費の支払いのために貸金を利用しました。それから借金は積もり多重債務者になります。利子しか返せない月が多くなり、長年の借金整理のために法律事務所を頼りました。

弁護士さんから借金整理の手続きをするうえで、法定利息を超過した払い過ぎたお金があるとかで、過払い請求の手続きをこれから進めるという内容の連絡を受けます。過払い金請求自体はじめて知りましたが、これから返還請求書を業者に出し、返還交渉をしていくそうで、業者が返還に応じなければ訴訟もあるということ、費用のことなどを詳しく教えてもらいました。それから各貸金業者は返還交渉で過払い金の存在を認め、過払い金請求額の8割から満額ほどの返還をするということで合意書の取り交わしをしたのです。時間をかけたくありませんでしたし、訴訟で争うのは避けたかったので相手側の減額交渉にも応じた結果になりました。そのあと多額の過払い金は入金日までにきっちり私の口座に入っていて、払わないでいいお金がこんなにもあったのかと改めて実感しました。

ですがある時、借金の返済がきつくなったので、借金を軽減できる方法はないかと調べていたら、過払い金請求は借金を返済中でもできるということを知りました。いざ法律事務所に相談したら、過払い金請求をして取り戻した過払い金で借金をなくすことができ、20万円ほどの過払い金が戻ってくると言われ驚いたことを覚えています。

 

過払い金請求で借金地獄から抜け出せました。過払い金請求をした方の口コミ・評判3 40代男性

訪問販売で安い生活用品を一度買ってしまい、そのあと目をつけられて高価な物を押し売りされるようになります。希少な物だとうまいことを言われてカードローンを使って購入してしまいます。それをきっかけに多重債務になりましたが、長年のローン地獄から抜け出すため、行政の市民相談窓口を通して弁護士さんを紹介してもらいました。

借金整理の手続きを開始してもらうと、利息制限法の引き直しで、過払い金が発生しており、今後は返還請求に着手するという説明を受けます。過払い金請求は示談で済むこともあれば、裁判で争うこともあると言われました。貸金業者との示談交渉は、あっさりと請求した金額で合意できた業者もあれば、大幅な減額を求める業者もあってさまざまです。

弁護士さんから、満額に近い過払い金を取り戻すには、返還訴訟をする必要があると言われました。できるだけ多くの払い過ぎたお金を返してもらいたかったので、訴訟手続きを進めてもらうことに決めたのです。そうしたら弁護士さんの言うとおり、裁判が開始すると、早い段階で過払い金の全額と過払い利息まで回収できました。つい最近まで毎月多額の返済をしていたのに、過払い金請求をしてもらったおかげで借金生活から解放されました。”

\過払い金請求の実績No1/

過払い金請求をお考えの方は、相談料・過払い金の調査が無料の杉山事務所がおススメです。無料で調査してみて、過払い金が発生していなければお金はかかりません!

まずは、過払い金回収金額No1の杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求とは

過払い金請求とは、過去に払いすぎた利息(過払い金)を取り戻す手続きです。多くの消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は、2010年以前までは、利息制限法の上限金利ではなく出資法の上限金利で貸付をおこなっていました。

本来であれば、貸金業者は利息制限法の上限金利で貸付をしなければいけませんが、貸金業法第43条(みなし弁済:現在は廃止)があることにより認められていました。この利息制限法と出資法の上限金利の差分をグレーゾーン金利といいます。

出資法の上限金利は高利で、返済するためにまた借金をして最終的には借金が膨らみ、自己破産に追い込まれるケースが多く発生しました。そのため、2010年6月に出資法が改正され上限金利が29.2%から利息制限法の上限金利と同じ20%まで引き下げられました。

ここがポイント

出資法の改正以前に支払っていたグレーゾーン金利は最高裁で
「利息制限法の上限金利を超えて支払っていた利息は元本の返済に充当される」と認められ、元本以上に支払っていたグレーゾーン金利が過払い金となり、過払い金請求をすることが可能になりました。

リボ払いで返済している借り入れにも過払い金が発生する

一定の金額を毎月返済していくリボ払いで返済している借り入れも過払い金が発生します。2010年6月以前に利息制限法の上限金利を超える違法な金利で借り入れしていれば、返済方法関係なく過払い金が発生するため、取り返すことができます。

リボ払いは限度額内であれば借り入れ額に関係なく、毎月一定の金額を支払うだけで済むので便利なサービスですが、元本が減りづらく返済が長期化しやすい返済方法です。ただし、長期化しやすい分、過払い金が多く発生しやすい傾向にあります。

リボ払いで返済中の借金に過払い金が発生していれば、過払い金で完済できる可能性がありますので、リボ払いで返済に困っている方は、一度司法書士や弁護士に相談するのがオススメです。

※リボ払いの過払い金請求について、下記ページに詳しく情報がまとまっています

  • クレジットカード・カードローンのリボ払いで過払い金請求できる条件、注意点
  • クレジットカードの過払い金請求の注意点

    過払い金請求は、アコムやプロミスなどの消費者金融をはじめ、セゾンカードやエポスカードなどのクレジットカードもできます。

    クレジットカードはキャッシング枠とショッピング枠の2つの機能がありますが、過払い金請求の対象となるのはキャッシング枠のみで、ショッピング枠はあくまでも買い物の代金を立て替えているだけなので対象外になります。

    また、ショッピングの残高が残っている状態で過払い金請求をした場合は、返還された過払い金はショッピングの残高にあてられます。例えば、50万円のショッピングの残高があり、過払い金が100万円戻ってきたとすると、ショッピングの残高は相殺され、手元に50万円の過払い金が戻ってきます。

    ただし、戻ってきた過払い金でショッピングの残高をゼロにできなかった場合は、ブラックリストにのってしまうので注意が必要です。もちろんゼロにできた場合はブラックリストにはのらないのでご安心ください。

    また、過払い金請求をしたクレジットカード会社に関連するクレジットカードは利用・新規発行ができなくなります。過払い金請求先のクレジットカードで、携帯料金や光熱費などを引き落としにしている場合、請求後は引き落としされなくなるので、その前にクレジットカードの変更などをしておく必要があります。

    クレジットカードの過払い金請求の注意点については下記事務所のホームページに記載されていた情報をまとめました。

    参考にした法律事務所のページ

     

    \過払い金請求の実績No1/

    過払い金請求をお考えの方は、相談料・過払い金の調査が無料の杉山事務所がおススメです。無料で調査してみて、過払い金が発生していなければお金はかかりません!

    まずは、過払い金回収金額No1の杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしましょう。

    杉山事務所の公式サイトを見てみる

    過払い金請求には時効がある

    過払い金請求には最終取引日から10年の時効があります。借りた日ではなく、借金を返し終わった日から10年です。時効を迎えてしまうと過払い金を1円も取り戻すことができなくなってしまいます。

    もし、100万円以上の過払い金が発生していて、それがすべて消滅してしまったら・・・考えるだけでゾッとします。そうならないためにも、過去に借金をしていたことがある方は1日でも早く過払い金請求をしましょう。

    大半の貸金業者は、2006年に金利を引下げているので、多くの方が2016年に時効を迎えてしまうといわれていますので、当てはまる方はお急ぎください。返し終わった日がいつかわからないという方は、過払い金請求でおすすめの司法書士や弁護士に相談しましょう。

    気になる過払い金請求のメリットとデメリット

    過払い金請求のメリット

    過払い金請求のメリットはなんといってもお金が戻ってくるということです。 過去に20%以上の金利で借金をしていた方は発生している可能性が高いです。また、借金を返し終わっている過払い金請求の場合はブラックリストに載る心配もありません。お金を取り戻すことができれば、家計に余裕が生まれますし、収支状況の改善にも役立ちます。

    それともう1つ大きなメリットは、弁護士や認定司法書士が金融業者へ連絡すると、借金を返済中の場合は返済や取り立てがストップします。これは、たび重なる取り立てに精神的に追い詰められているといった人には大きなメリットです。

    過払い金請求をしても、ブラックリストには載りませんしお金が戻ってくるメリットしかないのでまずは、司法書士事務所などにご相談をしてみるのが良いかと思います。

    過払い金請求のデメリット

    過払い金請求のデメリットは、請求した業者から今後借り入れができなくなることとブラックリストに載ってしまうケースがあることです。

    借金を返済中に過払い金請求をし、戻ってきた過払い金で現在返済している借金を相殺できなかった場合はブラックリストに載ってしまいます。これは、借金の契約を見なおす任意整理をしたことになるからです。ただし、過払い金で借金を返済できればブラックリストには載らないのでご安心ください。

    また、過払い金返還請求をした金融会社から借り入れができなくなると同時に、その会社が発行しているクレジットカードも利用不可になります。家賃や公共料金の引き落としなどに使っている場合は注意しておきましょう。ほかの会社が発行しているクレジットカードに切り替える、家族カードを利用するといった方法で回避可能です。

    \過払い金請求の実績No1/

    過払い金請求をお考えの方は、相談料・過払い金の調査が無料の杉山事務所がおススメです。無料で調査してみて、過払い金が発生していなければお金はかかりません!

    まずは、過払い金回収金額No1の杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしましょう。

    杉山事務所の公式サイトを見てみる

    「弁護士」か「司法書士」の違いを知って依頼先を決める

    過払い金返還請求を依頼できるのは「弁護士」もしくは「司法書士」です。ただし司法書士の場合は、法務大臣の認定を受けた「認定司法書士」でなくてはいけません。司法書士は取り扱える債権額に限度があるため、問い合わせ時に確認しましょう。

    依頼費用を安くしたいなら司法書士がおすすめ

    認定司法書士に依頼するメリットは、弁護士よりも費用が安く済む傾向があることです。日本司法書士会連合会が出している「債務整理事件における報酬に関する指針」では、過払い金返還請求を請け負った際の定額報酬について、5万円を超えてはならないとされています。

    一方で弁護士には着手金に関する上限の指針がないので、司法書士に依頼するよりも高額になることが多いです。

    悪徳な弁護士・司法書士には注意!依頼前に知っておきたい注意点3つ

    弁護士や司法書士は法律の専門家ですが、残念ながらすべての人が公明正大に業務をこなしているというわけではありません。過去には、顧客と事務所の間で過払い金返還請求にまつわるトラブルも起きています。トラブルの事例と、事務所選びで気をつけたいポイントをご紹介します。

    1:相談だけのつもりが、勝手に依頼したことになっていた

    過払い金の相談に行ったら、回収を依頼していないにもかかわらず勝手に過払い金を請求された、というケースです。借金をしていた張本人の知らないところで回収が行われるわけですから、お金を取り戻したとしてもすべて事務所のものになってしまいます。お金の着服に当たる行為ですので、かなり悪質だといえるでしょう。

    2:高額な費用・報酬を請求する事務所

    過払い金返還請求は、取り戻した額に応じて報酬が発生します。この割合には指針が定められており、取り戻した額の20%(訴訟の場合は25%)です。しかし、中にはこれよりも高い割合で報酬をとる事務所も存在します。不当に高額な報酬を要求してくる事務所を避けるには、いくつかの事務所を比較・検討してみるといいでしょう。

    また、事前に費用に関することをきちんと説明してもらえないといったケースも要注意。正式に依頼する前に、最終的な費用がいくらかかるのかをしっかりと明示してくれるところだと安心です。

    3:誠実に対応してくれる

    質問に答えてもらえない、十分な説明なしに契約を急かしてくるなど、対応がよくない事務所はのちのちトラブルに発展しやすいもの。中には回収効率を重視するあまり、依頼者の気持ちをおざなりにする弁護士・司法書士も存在します。お金に関する問題解決を依頼するわけですから、依頼者の事情を把握して親身になってくれるかどうかも重要なポイントです。

    \過払い金請求の実績No1/

    過払い金請求をお考えの方は、相談料・過払い金の調査が無料の杉山事務所がおススメです。無料で調査してみて、過払い金が発生していなければお金はかかりません!

    まずは、過払い金回収金額No1の杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしましょう。

    杉山事務所の公式サイトを見てみる

    事前に知っておきたい過払い金請求の流れ

    過払い金返還請求を依頼するとどういった手続きが必要なのか、おおまかな流れをご紹介します。

    1.まずは電話などによる相談

    弁護士事務所や司法書士事務所に、電話やメールで「過払い金を取り戻したい」と相談しましょう。無料で相談を受けてくれる事務所も数多くあります。

    「自分に過払い金があるかどうか分からない」
    「記録がなく、いくら払いすぎているのか不明」

    といった場合も、代わりに調べてもらえます。

    2.過払い金奪還請求の委任契約を締結

    相談や過払い金に関する調査を経て、費用面や事務所の対応に納得できたら、委任契約を結びます。これは「弁護士・認定司法書士に、自分の過払い金返還請求を委任します」という契約です。

    3.過払い金請求する業者へ受任通知を知らせる

    ここからは依頼人ではなく、委任契約を結んだ弁護士や認定司法書士が行います。受任通知とは、金融業者に「借金をしていた当人に代わって、過払い金を請求します」と知らせるものです。「介入通知」ともいいます。

    4.取引履歴を元に引き直し計算

    調査の段階で金融業者から開示された取引履歴をもとに、引き直し計算を行います。引き直し計算とは、すべての取引を利息制限法にもとづいた利率で計算し直すことです。これにより、過払い金がいくら発生しているかが分かります。

    5.過払い金請求する業者へ弁護士または司法書士が交渉

    金額が確定したら、弁護士または認定司法書士が金融業者へ請求を行います。

    すんなりと返還される場合もあれば、交渉が難航する場合もあり、お金が返ってくるまでにかかる期間は金融業者によってまちまちです。

    中には満額よりもかなり低い金額を提示してくる業者も存在します。より多くの過払い金を取り戻すためには、裁判に持ち込むことも視野に入れておきましょう。

    6.過払い金を奪還し解決

    和解や訴訟を経て、金融業者から過払い金が振り込まれれば完了です。一般的には、ここから弁護士・認定司法書士に支払う報酬や費用を引いた金額が依頼者のもとに戻ってきます。

    • 過払い金対象となる条件とは?期間やカード会社についても詳しく解説

      noimage

      テレビやラジオのCMでよく見かける「過払い金返還請求」とは、借金の返済時に払いすぎた利息を返してもらうことです。かつて金融業者が設定していた金利にはグレーゾーンが存在しており、お金を借りた人は不当に高い利息を支払わされていました。しかし法律によってグレーゾーン金利が禁止されると、今度は金融業者に払いすぎた利息を請求する人が急増したのです。ここでは、どんな人が過払い金返還請求の対象になるのかをまとめました。 [sugiyama_simple] もくじ(メニュー)...

      もっと見る

    • 過払い金依頼しても大丈夫?司法書士法人中央事務所の特徴・口コミ評判

      noimage

      東京・新宿に本店を構える司法書士法人中央事務所。多数の司法書士が在籍し、その規模は業界の中でもトップクラスです。電話番号を連呼する特徴的なCMをテレビやラジオで流しているため、印象に残っている人も多いのではないでしょうか。 中央事務所が特に力を入れているのが、グレーゾーン金利によって発生していた過払い金の回収です。そのほか自己破産や任意整理についても請け負っているため、借金にまつわる悩みを抱えている人には相談先の選択肢としてあがってくるでしょう。ここでは、中央事務所の特徴や口コミをご紹介します。 [s...

      もっと見る

    • キャッシングの督促を無視し続けたらどうなる?取り立てよりも怖いのは?

      キャッシングで借りた借金を返せなかったら、取り立てが怖くてまた別の会社から借りてしまう人もいるかもしれません。しかし現在は厳しい取り立てが行われることはないので、取り立て回避のために他社から借りることには何の意味もありません。支払困難になったら、取り立てよりも給与差押えを意識して対策を考える必要があります。 [midori_simple] もくじ(メニュー) 1)相談は何度でも無料のみどり法務...

      もっと見る

    • 香川の過払い金請求の評判・口コミとおすすめ司法書士や弁護士

      「借金を返し続けているのに一向に完済できない」と、悩んでいる人はいませんか。 もしかしたら貸金業者に払いすぎた利息、いわゆる過払い金が発生しているかもしれません。 香川県に住んでいる人でこれから過払い金請求を検討している人は多くいるのではないでしょうか。 貸金業者は法律で定められた金利でお金を貸してくれますが、その法律は2010年に改正されました。 改正前の金利と現在の法定金利の間に位置するものは「グレーゾーン金利」と言われ、払う必要のない金利まで請求されている可能性があります。 [sugi...

      もっと見る

    • 過払い金請求するときに、どこを選んでいいかわからない!!

      過払い金請求するときに、どこを選んでいいかわからないと思います。 ネットを調べるとランキングサイトがあったり、ランキングサイトを信用するなとか、本当にわからなくなると思います。 一般に弁護士に依頼するときと同じで、相性があると思います。 [midori_simple] 電話の対応が横柄やぶっきら棒な対応をさけ、話やすかったり、メールの対応の速さなどの印象で選ぶしかないのかなと思います。 実際問題行動してみて最終的には、よく目につく法律事務所にいくつか問い合わせして見て、自分に合うところを見つける...

      もっと見る

    • 兵庫県の過払い金請求の評判・口コミとおすすめ司法書士や弁護士

      兵庫県に住んでいる人のなかで、これから過払い金請求を検討している人は多くいるのではないでしょうか。 「借金があって生活が苦しいが払いすぎていないだろうか」という不安があるかもしれません。 最近はテレビやラジオのCMなどで過払い金について見聞きすることが多くなりました。 [sugiyama_simple] しかし、過払い金というものが実際どのようなものか、言葉は知っていてもどういうものが過払い金にあたるのか、判断基準がわからない場合があると思います。 また、過払い金があると思っていてもどうやって解...

      もっと見る

    • 福島の過払い金請求の評判・口コミとおすすめ司法書士や弁護士

      過払い金請求という言葉が広く知られるようになり、福島県内でも興味を持つ人が増えています。 過去に借金をしていた人や現在返済中の人は、過払い金が発生していないか確認してみることが大切です。 発生していることがわかったら、時効を迎える前に手続きを済ませましょう。 過払い金請求は、自分でアクションを起こさなければ戻ってこないお金です。 [sugiyama_simple] 貸金業者が通知してくれるわけではないので、確認から手続きまで自分で行動しなければいけないことを頭に入れておきましょう。 貸金業者に...

      もっと見る

    • 徳島の過払い金請求の評判・口コミとおすすめ司法書士や弁護士

      借金の返済を終えた人や、現在も借金の返済を継続中の人は、過払い金が発生しているかもしれません。 過払い金とは、貸金業法が改正される前、グレーゾーン金利と呼ばれた高い金利で借金をした場合、払い過ぎてしまった利息分のお金のことです。 法律で定められた利息よりも多く払っているため、過払い金請求をすることでその分のお金を取り戻すことが可能となります。 「過払い金請求という言葉をテレビや雑誌で知るようになって、自分が返済した借金にも過払い金があるのではないか」と考えている人は法律事務所に相談してみましょう。 ...

      もっと見る

    • 北海道の過払い金請求の評判・口コミとおすすめ司法書士や弁護士

      日本で一番大きな都道府県といえば、やはり北海道です。 最北端の島ということもあり、太平洋・日本海・オホーツク海と3つの海に面しています。 面積の広さもさることながら人口も多いため、「債務者」となりえる人も少なくありません。 [sugiyama_simple] この「債務者」とは、住宅・車などを含むローンや貸金業者からお金を借りている人、未払いが生じている人のことを指し示す言葉としても使用されています。 ローンに関しては、銀行などの審査によって「適切な借り入れ」がおこなわれているため支払金額を返還...

      もっと見る

    • 島根の過払い金請求の評判・口コミとおすすめ司法書士や弁護士

      島根県で過払い金請求を検討している人はいますか。 過払い金請求を検討すると、まず、過払い金がいくらぐらいになるのか気になります。 また、事務所をどこにすれば良いか探している人もいるでしょう。 しかし、過払い金請求についての情報や、事務所の数が多すぎて、迷ってしまうことはありませんか。 過払い金請求の権利を持っている人は少なくありません。 [sugiyama_simple] そのため、テレビやラジオ、インターネットなどで盛んに広告活動が行われているため、どこの事務所が良いのかわからなくなる人もい...

      もっと見る

    過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

    • No.1
    • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
    • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

      • 過払い金請求の相談料、着手金、初期費用がすべて無料
      • 過払い金の回収金額がNo1
      • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
      • 全国に8ヶ所の事務所
      • 無料の出張相談も可能
      大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
      東京事務所 0120-065-039
      名古屋事務所 0120-068-027
      福岡事務所 0120-069-034
      広島事務所 0120-067-009
      岡山事務所 0120-070-146
      仙台事務所 0120-131-025
      札幌事務所 0120-678-027

      公式サイトへ

    • No.2
    • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
    • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

      • 過払い返還額累積90億円以上
      • 月の相談件数約500件
      • 全国に8ヶ所の事務所
      • 出張相談可能
      • 相談料・初期費用0円
      • 秘密厳守
      相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

      公式サイトへ

    • No.3
    • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
    • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

      • 資料無しで相談可能
      • 全国どこでも相談できる
      • 手持ちの費用無しでもOK
      • 相談無料
      • 成功報酬型
      • 年中無休365日相談受付
      相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

      公式サイトへ

    • No.4
    • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
    • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

      • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
      • 24時間365日の相談可能
      • 全国対応
      相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

      公式サイトへ

    関連記事